ドッグセラピージャパンのもうひとつの顔

障がい者の就労支援

ドッグセラピージャパンでは、地域で働く機会に恵まれない障がいのある方が
「働きがい」と「生きがい」を実感できる場をつくり、安心して自立した生活ができるよう、
障がい福祉サービス事業所「源喜」を運営しております。 

もちろん、すべての障がい者が必ず働かなければならないとは思いません。働かないなりに、その人らしい生活を送り、穏やかに人生を過ごす選択肢もあります。

しかし、働くことで「人に必要とされ」「人の役にたち」「人にほめられ」そして「人に愛される」といった幸せを得ることができます。

障がい者であっても障がい者が自分らしい人生を送ることができる社会にするためにも、ドッグセラピージャパンでは、全国的にも珍しいドッグプログラムを採用し、働きたい人が働ける職場づくり。また、就労のために必要なスキルを身につけ障がい者を保護するのではなく、福祉の枠を超え、働く機会を広げ、働く喜び、生きる幸せを感じられる人生に貢献したいと考えております。

障がい福祉サービス事業所「源喜」

働きたい人が働ける職場づくりを目指します。

障がい福祉サービス事業所「源喜」は、障がいのある方も社会の一員として働くことの喜びを知り、就業を目指す方の夢をかなえ、地域の企業の皆さんに、障がいのことを理解していただくとともに、障がい者の就労の場を確保し、自立を支援することを通じてユニバーサル社会の実現を目指します。

※ユニバーサル社会とは
年齢・性別・障がい・文化などの違いにかかわりなく、だれもが地域社会の一員として支え合うなかで安心して暮らし、一人ひとりが持てる力を発揮して元気に活動できる社会

もっと見る

DTJの社会福祉活動

Wan Oneプロジェクト -次世代のための就労の場をもっと-

就労が難しい方に働く場を提供

就労継続支援A型

「一般就労するには体力・職業スキルが不足している」「一般就労していたが体力や職業スキルなどの理由で離職した」など の現状にて一般企業での就労が難しい方に働く場を提供すると共に、知識の習得や職業スキルの向上に必要な訓練を行います。また障がいのある方と雇用契約を結び、最低賃金保証し、雇用保険への加入を行い、全力で支援しております。

詳しく見る

職場探しと職場定着のための支援

就労移行支援

「就職したい」「長く働けるようになりたい」「仕事が決まらない不安をなんとかしたい」などの、就労を希望する65歳未満の障がいのある方に、就労に必要な知識や能力向上の為に適性に合った作業や実習を実施し、ハローワークや障害者職業センター等の関係機関とも連携しながら、本人の適正に見合った職場探しと職場定着のために全力で支援をしております。

詳しく見る

2012年6月に「わんこカフェかたのだ」オープンしていますが、障がい者の就労支援の場として、障がい者の工賃アップを実現させるビジネスモデルを目指していました。

2014年12月「わんこカフェかたのだ」は就労継続支援A型事業所として、障がい者総合支援法に基づく就労継続支援のための施設、障がい福祉サービス事業所「源喜(げんき)」として認可を受け、一般企業への就職が困難な障がい者に就労機会を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練などの障がい福祉サービスを供与しています。